とちぎの百様

  • 種類で探す
  • 地域で探す
  • 地図で探す

にっこうのぜっけい(けごんのたき、いろはざか、ちゅうぜんじこ、りゅうずのたき)さま

日光の絶景(華厳ノ滝、いろは坂、中禅寺湖、竜頭ノ滝)

四季折々の日光の大自然に感動

一年を通していつでも絶景に出会える、日光が誇る豊かな自然へようこそ!

 「日光を見ずして結構というなかれ」という格言めいた言葉が生まれるくらい、日本屈指の観光地として知られる日光。そのあまりに美しい自然に人々が神様を感じ、その信仰心によって世界遺産「日光の社寺」が育まれた歴史があるんだから、今でも多くの人の心を惹きつけてやまない”いくつもの絶景”が存在するのも当然だよね。
 
 まずは、48もの急カーブがある「いろは坂」では、標高差440mの徐々に変わっていく景色や、展望台からの抜群の眺めを楽しめる。「いろは坂」を登った先にある「華厳ノ滝」は、日本三大名瀑のひとつとしてあまりに有名。高さ97mを勢いよく一気に流れ落ちる様子は、思わず息をのむほどの美しさだよ。華厳ノ滝の上流にある「中禅寺湖」は、かつて各国の大使や外交官の避暑地として賑わったところ。この「中禅寺湖」の上流に位置する「竜頭ノ滝」も華厳ノ滝とは異なる絶景。ゴロゴロとした岩場を雄々しく水しぶきをあげながら落ちてくる様子は、まさに竜が地を這うようなすごい迫力なんだけど、滝つぼ近くの大きな岩によって水の流れが二分された様子が、竜の頭に見えることから「竜頭」という名がついたと言われているよ。
 
 これらの絶景たちは、季節によってキラキラ輝く新緑がまぶしい景色、一面の銀世界に包まれる景色、山全体が燃えているような鮮やかな紅葉の景色とその魅せ方を変えてゆく。だからもうひとつの格言、「”日光の絶景様”を見ずして結構というなかれ」。

インフォメーション

■華厳の滝
〒321-1661 栃木県日光市中宮祠
■中禅寺湖
〒321-1661 栃木県日光市中宮祠
■竜頭の滝
〒321-1661 栃木県日光市中宮祠