とちぎの百様

  • 種類で探す
  • 地域で探す
  • 地図で探す

おくにっこうのしつげん(せんじょうがはら、おだしろがはら、ゆかわ)さま

奥日光の湿原(戦場ヶ原、小田代ヶ原、湯川)

ラムサール条約にも登録!日本有数の幻想的な自然の宝庫

百種類以上の湿原性植物が生息する、手つかずの自然を守ろう!

 日光いろは坂を上り、中禅寺湖畔の先に広がる手つかずの美しい自然、それが私たち”奥日光の湿原(戦場ヶ原、小田代ヶ原、湯川)”です。戦場ヶ原は、100種類以上の湿原性植物が生育する本州最大級の湿原。そして小田代ヶ原は、湿原から草原への遷移過程にあって、湿原性と草原性、両方の植物が生育しています。その生い立ちは、約2万年前の火山の噴火で川が堰き止められて湖が出来、さらにその後の火山の噴火によって湖が軽石流で埋め尽くされ、ここに生えた植物が泥炭化したことによるのだけど、それは、とてもとても長い年月をかけて自然が作り上げた奇跡でした。
 
 だから私たちは、国際的に守られるべき大切な存在として、平成17年「ラムサール条約湿地」(正式名称「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」)に登録されたのです。
 
 とってもデリケートな私たち”奥日光の湿原”を守るため、木道を敷いて湿原を傷つけずに観察できるようにしたり、一般車両の乗り入れを規制して低公害バスを走らせたりと、さまざまな努力が積み重ねられていること、是非あなたにも知って欲しいと思います。

インフォメーション

■戦場ヶ原
〒321-1661 栃木県日光市中宮祠
■小田代ヶ原
〒321-1661 栃木県日光市中宮祠