とちぎの百様

  • 種類で探す
  • 地域で探す
  • 地図で探す

とちぎべんさま

栃木弁

標準語じゃねえのけ~! ほっとする方言

聞くと思わずほっとする!微妙な訛(なま)りが魅力の愛すべき方言だべ。

 『おめーさ、栃木弁はしゃべれっかい?おれ?おれはいわゆる、ネイティブスピーカーだんべな。小さい頃から、「手わすら①すんな」って怒られたし、えんぴつおっかいたり②、おもちゃぼっこしたり③、とうと④イタズラして、ちょっととっぽかったんかしんない⑤ね。え?何いってっかわかんねの?耳、大事かい?!⑥全部、標準語だっぺな~~!』(①手で何かをいじくり回す ②折ったり ③壊したり ④ずっと ⑤生意気だったかもしれない ⑥大丈夫ですか?!)
 
 などというのは、ちょっと極端な例かもしれません。最近の「栃木弁」は、もっとそこはかとなく訛っています。なんとなくしり上がりなイントネーションで、どことなくアクセントもおかしい。微妙にだけど、疑いようもなく明らかに訛っているんですよねえ。
 
 でも、それって恥ずかしいですか?確かに県外に遊びに行くと、最初は小声になっちゃうかもしれません。けれど栃木県に帰ってきて、誰かの「栃木弁」を聞いたとき、なんだかほっとしませんか?「あぁ、ふるさとに帰ってきたんだー」ってね。
 
 そうです。「栃木弁」こそは、私たちふるさとの方言。「栃木弁」を誇りに思い、後世に遺(のこ)してまいりましょう。『おめーもおれといっしょに、どんどん栃木弁でしゃべっぺよ』

インフォメーション